2019年

3月

29日

平成最後の、、、

4月1日新しい元号が発表され、5月1日から新しい元号に変わります。

 

昭和、平成、そして新たな元号へ。

 

記憶が曖昧になっていましたが昭和と平成の変わり目はというと、
1989年の昭和天皇が御崩御された1月7日までが昭和。
1月8日から平成となりました。

お正月が明けてすぐに平成となったので、昭和64年は1月7日で終わりました。

 

私はちょうどこの年に学校を卒業して社会人となりました。

平成元年3月 卒業、
平成元年4月 入社 となります。

 

この経歴は分かりやすいので、履歴書を書く時に便利でした。
社会人になって通算何年かという事も一目瞭然。

 

今年、学校を卒業して社会人になる方は6月に元号が変わるので、
平成最後が経歴として残ります。

平成31年3月 卒業
平成31年4月 入社 なるわけですね。

 

初めの年は元だから最後の年は最後だと分かるような呼称があるといいですね。

平成終年、、、
平成没年、、、
平成後年、、、
なんか、不幸な感じがしますね。

 

平成満年というのはどうでしょうかね。

 

しかし、今は平成最後という事で盛り上がっていますが、
新しい元号になると平成はどんどん色あせていくのでしょうね。

 

今年の春に、卒業、社会人になる方の、平成31年という経歴は
新しい元号で元年として経歴を記載したりするのでしょうか。

 

そんな話を、証明写真でご来店された、春から社会人となる方にお話ししたところ、
「履歴書を書く時は西暦で書くよう、学校で指導されてました」
とのこと。

そんなものですか(汗。

 

2019年

3月

08日

流行とスーツと

少し時間が経ってしまいましたが、

今年の成人式男子はスリーピースの人が多かったなあと思いました。

以前の成人式スーツは
リクルートから冠婚葬祭まで使える濃紺や黒系のスーツが多かった気がします。
撮影していて、フランネルの生地で出来た上品なスーツとか羨ましかったです。
画一的なスーツでなくて、色んな選択肢があるのは良いことです。

一つ気になるのは、
最近のスーツが細身なため、ジャストサイズだとキツク感じるためか、ワンサイズ上のものを選んでいる人が多いように思います。

そのせいで、袖丈が長い人が多かったです。

少しシャツが見えるくらいの袖丈が綺麗です。

二十歳以降、体系は横に太るだけで、腕の長さは変わらないと思うので、
袖丈をお直しすることをお勧めします。

また、流行に左右されず、定番のシルエットの方が、長く着用出来ます。

 

私が二十歳だった30数年前は肩幅の広いスーツで、
ゆったり目のパンツシルエットだったので、
オッサン体形になっても、着用する事が出来ました。
流行遅れでダサダサでしたけどね、、、(汗。