この時期は

1月下旬。

毎年この時期は時間に余裕があり、一年で一番読書をする時期です。

 

年初に読んだ東野圭吾「容疑者xの献身」とても面白かったです。

ラストシーンはミステリー史上に残るような、美しく悲しい結末です。

 

そして、宮部みゆき「名もなき毒」。小説の中に没頭することが出来なかった。無差別的毒物殺人と、クレイマーによる攻撃という、二つの事件が絡まって、最後に合体という展開に無理があったように思えます。

 

気分転換に山本一力の「ほうき星」時代小説を読書中。

山本さんの江戸について詳細に考察された、描写が大好きです。

 

同時進行で上杉さんの「ジャーナリズム崩壊」を読んでいます。

記者クラブ制度をバッサバッサと切り倒しています。