ステージ撮影

私の場合、

ステージを撮影する時は絞り優先モードで開放。

 

カメラの感度をステージの明るさに応じて、上げていきます。

シャッタースピードが手振れしない速さになるぐらい上げます。

 

さらに、最近は手振れ補正というものがあるので、

本当、便利です。

手持ちでガンガンいきましょう。

 

状況によりますが、感度は1600からら3200ぐらいでしょうか。

 

スポットライトの当たる人は結構明るいのですが、

ドラムとかベースはスポットが当たらないから露出、厳しいです。

 

手振れよりも高感度で画像が荒れている方がいいですね。

画像が暗くても、手ブレ、ピンボケするよりはましです。

 

測光モードは中央部重点ですね。

 

ステージは

照明が色々変るので面白いですね。

楽しみながら撮影しましょう。