鬼はそと、福はうち、複写はうちで

小さいお子様をお持ちの方は鬼のお面をお持ち帰りになっていることでしょう。

 

そんな子供の制作物がいつの間にか増えていき、

結構な量になっていきスペースを使用します。

 

捨ててしまうのは何となく可哀想だし。

 

そんな時は複写です。

 

絵画などの平面的なものはカメラと被写体が平行になるように撮影するのがポイントです。

 

 

ストロボをオフにして窓際の明るい場所で、均一に光が当たっていることを確認して撮影すると綺麗に複写できます。

 

多分。