写真の価値観

震災から一年が経ち、写真に対しての価値観が見直されたことを色んな場面で感じます。

 

スタジオで記念写真を撮影していて思うのは、「家族写真」を撮影したいと思っている方が増えていることを実感しています。

以前なら、お子様の写真だけ撮影して、家族写真は恥ずかしいからと、遠慮されていた方々が積極的に撮影を望まれるようになっています。

とてもいい傾向だと思います。

 

子供写真館が定番となり、

着飾った写真が今を楽しむための写真として求められている一方で、

飾らない家族全員のクラッシックな記念写真は将来のために残すべきものとして、

再認識されたことを実感しています。