写真を飾るとき

写真を額縁にセットするとき

写真を額縁にセットする時にワク(オーバーマット)にテープで貼り付けますよね。
その際、出切るだけプリントにダメージを与えないよう、小さなテープで貼り付けます。
そして、それを補強するために、テープにテープを貼り付けます。

←写真、ちょっと見にくいのですが、こんな感じです。

セロテープは数年で粘着力がなくなるので、画材屋さんにあった布のテープを使っています。


また、写真の四隅をテープで貼り付けず、上の二箇所だけにします。
長い年月でプリントが伸びてしわになるのを防ぐためです。

是非、次回から試してください。


余談ですが、
プリントの永久保存の観点からはテープで貼り付けるのはNGです。
ブックマットといって、オーバーマットの下に、もう1枚台紙を重ねて、

プリントをはさみます。
そこに無酸性紙で作った三角コーナーを貼り付けて、それで固定します。
プリントには一切テープを使いません。
そして、使用するのは無酸性紙、貼り付けに使用するるテープは水のりで。

写真美術館ではこのような方法をとっております。

 

多分、、、、。違ってたらすいません。