尾崎放哉

旅先の小豆島で出会った自由律の俳人尾崎放哉がこの夏のマイブームです。

 

「咳をしても一人」

 

「いれものがない両手でうける」

 

「足のうら洗へば白くなる」

 

42歳で病死。

病と孤独と、金銭的なひっ迫の中で、酒に溺れながら、

俳句だけはどんどん研ぎ澄まされたいった。

 

一瞬を切り取って残す。

俳句と写真となんか通じるところがある。

短歌は?と突っ込まないでね。

 

私はこんな切り口の鋭い写真は撮影できないけれど、

感性を研ぎ澄まし、無駄を省いて、飾らず、媚びず。

そんな写真がいい。

 

仕事で撮影する写真は着飾って装飾して、日々媚びていますよ(笑。