永青文庫へ

昨年来、

たまの休日はエクササイズと犬の散歩で終わってしまうという、

体たらく。

クリエーテブな刺激からは程遠い日々でした。

なんか、枯れていきそうで、危機感を持っていました。

 

今年は出来るだけ外に出て刺激を受けるようにしたいです。

 

第一弾は目白、永青文庫で行われていた

「宮元武蔵 武士とダンディズム」

です。

 

展示内容はイマイチ物足りない感じがしましたが、

宮元武蔵野直筆のダルマの図が見れたので良しとします。

建物が格好いいので満足です。

また、目白から歩くお散歩コースはとても素敵です。

車で走ると分かりませんが、目白通りが台地の尾根づたいを走っていることが分かり、

昔の江戸を感じることが出来ました。