高校球児

近所の高校球児が頭をツルツルにして元気に出かけていきました。

 

「写真撮らせて」と声をかけたら、脱帽して答えてくれました。

 

新聞を見たらちょうどこの日、彼らの出場する試合の日でした。

 

彼らのことは小学生の時から撮影を通じて知っています。

 

ちょうど、私の住んでいたマンションが中学へ行く通学路だったので、

よく顔を合わしていました。高校に通い出したばかりの頃は大きな野球バックを担いで、

不安そうな面持ちで歩いていたことをはっきりと覚えています。

 

夕方、ニュースをチェックしたら彼らの学校は残念な結果でした。

 

この写真、プリントして彼の家にこっそり投函しておきます。

なんか、ストーカーみたいだけれど。

 

何年経っても、この日の暑さを、悔しさを、涙を忘れないで下さいね。

野球を続けたこと、それが一番の宝物だと思います。

そして、写真が色んなことを思い出す手がかりになれば幸いです。