失敗写真をなくすには

ピンボケ、ブレ、露出オーバー、アンダーなど、

失敗写真を失くすにはどうしたら良いか?

 

答えは

 

失敗した写真は迷わず、破り捨てる。

 

デジタルなら、削除する。

 

簡単でしょ!?

写真学校で恩師から教わった事でもあります。

 

失敗写真は迷わず、

破り捨てるべし!

削除するべし!

 

この無念さが次の失敗を失くすための糧となり、失敗を認める潔さになっています。