スキップDシネマ Out of My Hand 感想

リベリアでゴムの木から樹脂を採取する仕事。

過酷な労働、貧しい暮らし、ストライキ、教会での集会。

指導者がラップ調で煽動するシーンが印象に残った。

貧しさから抜け出すためにアメリカへ。

アメリカンドリームという虚像。

様々な人種、様々な過去を持つタクシードライバー。

アフリカと同じ様に過酷な労働の日々。

 

自分の生活と家族を思い、一生懸命に守ろうとしているだけなのに。

どこまでも付きまとう内戦での大量虐殺という過去。

 

この映画の主人公のように、アフリカからアメリカへ渡っても、

1、2年は家族に仕送りをするが、

その後消息を断ってしまう事が多いそうです。

 

カメラがドキュメント風に近づいていくので迫力ありました。

監督がリベリアには電気も水道も通っていない所での

撮影なので発電機を持ち込んで撮影していたと話していました。

大きな光源、凝ったライティングは不可能ですね。

僅かな地明かり、弱い光でも描写しているのでナマナマしい映像になります。

 

かつては、奴隷制度があり、アフリカから強制的にアメリカへ。

今ではアメリカンドリームを持ってアメリカへ渡るが、

厳しい現実がそこに。変らない過去、歴史。希望のない未来。

リベリアでの内戦の事を考えたり、

色んなことを考えさせられる映画でした。

 

来年の春、日本でも公開される事が決まったようです。

それに先駆けて見られたこと(しかも川口で)嬉しく思います。

 

アウトオブマイハンド 予告