トリミング~!

先日、カタログの撮影途中、なぜ完成形のギリギリのフレームで撮影しないのだと、質問を受けました。

しかも、英語で。

 

春からラジオ講座で英語勉強していたというのに、このチャンスに英語で返答出来ず心残りです。


色々な理由があり、それらが頭を巡ってしまい、上手く答えられませんでした。

 

大雑把なフレームで撮影した方が効率的だからです。

 Because efficient.

この一言で良かったのでしょうか、、、。

 

その効率的な理由として、以下

1、時間

大きさの違う沢山のモノを撮影するので、その都度フレームを変えるのではなく商品が変っても定位置、同じフレームで撮影する方が撮影時間の短縮になります。

2、見え方

定位置から撮影するので、同じように写ります。

ギリギリのフレームでは大きなモノを撮影する時にカメラアングル、ズーミングを変えないとフレームに収まらなくなってしまい、そうすると、見え方も変ってしまいます。

当たり前のことですが、とても大切なことです。

3、画質

大雑把にいって、画面の隅っこは歪むし、周辺光量が落ちるので使わないようにします。

余裕のあるフレームで撮影すれば、画面の真ん中を中心に絵作りできます。

4、トリミングへの対応

完成形のフレームで撮影すると、後から横長、正方形にトリミングする事が出来ません。

余裕をもったフレームで撮影すれば、どんな形にでもトリミング、編集できるのです。

これが一番大切です。

 

例えば、最終的にこのような形が完成形。

でも、この状態で撮影してしまったら、次のような正方形、横長にはトリミング、出来ません。


少し無駄があるようでも、ある程度余裕のあるフレームで撮影するのです。

でも、あまり余裕がありすぎると、なんか下手なカメラマンみたいですよね(汗。完成形のイメージ、レイアウトが分かっていればそれに即して撮影出来るのですが、撮影の後に考えるということが多いです。

私のしどろもどろな片言の英語に、

I learn.

 

と言って、申し訳なさそうに立ち去って行った外国人上役の方。

Me too!

もっと英語を勉強します。