希望を胸に

最近の大学、専門学校生はダークスーツで入学式に出席する人が多いようですが、私が大学に入学した当時は紺のブレザーにグレーのズボン(パンツとは言わない)の人が多かったように思います。

 

ずっと欲しかった紺のブレザー。

お店の人に選んでもらった無難なレジメンタルのネクタイ。

クレリックシャツで自己主張したつもりです。

 

最初に買った一張羅は永遠に自分の定番となり、

今でもネクタイを買う時はついレジメンタル柄を選んでいますし、水色のワイシャツが好きです。

 

山盛りの希望と期待を胸に。

少しの不安を抱えつつ。

 

写真を見返すことで、30数年前の自分が蘇ります。

 

真っ白で大きな地図を手に入れたあの日。

 

人生で一番輝いていた青い春。

 

年月を経ても、

これからも、

いぶし銀として、輝いていきたいと思う今日この頃です。