普通で普通でない証明写真

「プレミアム証明写真はやっていないのですか?」

というお問い合わせを頂きました。

 

最近は、ヘアセット、メイク、修整を施した

プレミアム証明写真というのを売りにしているお店もあるそうです。

 

付加価値を付けて他店との差別化、売り上げアップ。
マーケティングとしては全うな流れだと思います。

 

しかし、証明写真は普通で良いと思うのです。
それ以上でもなく、それ以下でもない証明写真。

決して手を抜いているわけではありません。

 

床屋に行く、髭をそる、美容院でセットする、丁寧にお化粧する。
プレスの効いたシャツを着用する。

 

そこから先がカメラマンの仕事です。

 

ライティング、距離感、露出、色温度、服装、姿勢、表情、などなど。

 

誇張したり、事実を捻じ曲げる修整を施すのではなくて、

普通に、

その人が一番美しく見える証明写真が良いと思います。