2020年

9月

18日

桶川飛行学校

以前からこの場所は気になっていたのですが、今年新たに桶川飛行学校平和祈念館として開館しました

 

広い敷地に再現されたかつての、飛行学校。

 
ここで過ごし、亡くなった方たち。

 

この場所に立つことで、感じるものが確かにありました。

続きを読む

2020年

8月

23日

転職活動の時期

転職活動に適した時期というのは

企業からの求人募集が増える時期。

期末の近い2月~3月と8月~9月頃がその時期になるそうです。

 

8月はお盆休みがあったり、この暑さ。

色々な活動が滞りますので、

これからの時期が色々と動く時期のようです。

新卒の学生さんの活動も盛んになってきますね。

 

新卒の学生さんは定番の黒か濃紺、濃いグレーのスーツ姿に白いシャツですが、

(男性はネクタイも。)

転職活動の男性はストライプのワイシャツだったり、

少し個性的な格好で証明写真を撮影される事が多いですね。

シャツとかネクタイで自己アッピール、絶対に良いと思います。

 

迷ったら、どれが似合うか一緒に考えますので、シャツやネクタイを複数お持ち下さい。

 

女性の転職活動ではスーツの下にエリのあるシャツではなくて、

首周りの空いたシャツを着用される方が多いですね。

(新卒の女性は必ず白いエリのあるシャツを着用されています。)

転職活動に限らず、女性のスーツスタイルでは中に着用するシャツは自由な感じですね。

スカーフを巻くというのもあります。

エリのあるシャツを着ると硬い印象になり過ぎるからでしょうか。

 

上着を着用するにはまだまだキツイ日々が続きますが、

ご健闘をお祈り申し上げます。

2020年

7月

08日

武道家

先日、居合道家をスタジオで撮影せて頂きました。

 

袴姿で刀を構える姿はまさしく武士そのもの。

迫力があり圧倒されました。

また、折り目正しい武道の立ち居振る舞いは美しく、

携えられた刀は博物館で置物として見る刀剣とは違い、

人を斬るための刀でした。

 

私は丸腰ですが、負けないようにカメラで立ち向かいました。

 

刀 vs カメラの一騎打ちです(笑)。

 

とても良い緊張感での立会。

良い経験をさせた頂きました。

 

撮影したお写真を納品した際、お客様から

武道の型はもちろんだが、

演じるものの目が一番大切なんだよと仰っておられました。

 

目から発せられる迫力とか、気合とか、そういったものだと理解します。

 

いつも、私は写真を撮る時に大切にしている事と通じるところがあり、

大変感銘致しました。

ありがたいお言葉です。

 

私が写真を撮る時、選ぶ時、一番気にするのも目です。

 

目が輝いているかどうか。

 

証明写真でも、記念写真でも、スナップでも。

 

写真の良しあしはそれに尽きると思っています。

 

2020年

6月

06日

愛犬と

自粛期間中、セルフポートレートを少し撮ってみました。

セルフとはいえ、嫁さんにシャッターを押してもらったりしましたが。

その中で、この愛犬とのショットが一番、自分の表情が柔らかく写っていました。
家族を和ませる愛犬効果、絶大です。
ペットと一緒に家族写真、お勧めです。


2020年

4月

24日

萌えの朱雀 鑑賞

東京オリンピック公式記録映画を撮影する河瀬直美監督が脚光を浴びるきっかけの映画です。

 

河瀬さんの映画では「光」がたまらかったです。

「あん」もいいですよね。

 

本作は、

静かな、奈良県の山奥で暮らす家族の物語。

喪失、恋心、成長、懐かしくて切なくて。

 

河瀬さんの映画は鑑賞後、時間がたってからじわじわと染み込んできます。

何なんでしょうね。

 

逆光ぎみのトンネルのシーンや林のシーンは写真の映像がイメージの根源にあるはずです。

回顧シーンのモチーフに使われた8mmの映像もスチール写真的な撮り方でした。

 

しみじみ、映画っていいですね~!と思う作品です。