2016年

12月

22日

証明写真撮影で思うこと

受験の時期を控え、学生さんが証明写真撮影でご来店する事が多くなりました。
毎年、中学生女子の撮影では前髪で目元が隠れている方が多く、

前髪をどうするかでひと悶着あります。

決して私の価値観を押し付ける訳ではありません。

証明写真は本人であることを証明するための写真なので目元が隠れているとNGです。

実際の試験会場で机の上に写真を貼り付けた受験票を置いて、試験中に試験管が見回り、

本人と相違ないか確認します。その際、目元が隠れている写真だと本人に間違いないか、

試験官に顔を覗き込まれることがあります。試験中そんなことをされると、気が散りますよね。

また、試験とは関係ないかもしれませんが、証明写真でもその写真の写りが良い方が何となく気持ちいいし、自分に自信が持てるとのではないかと思います。

受験で人生が決まる訳ではありませんが、万全の状態で試験を受けて欲しいと思います。

応援の意味も込めて、完璧な証明写真を撮りたいと思っています。

 

 

2016年

10月

01日

革新じゃ~!

今年も残すところ、10月、11月、12月と3ヶ月ですね。

 

行事、お祝い事もこれからの時期に多くなり、

スタジオから屋外まで撮影が忙しい日々になります。

 

写真の季節です。

 

 

そんな中、鳩ヶ谷商工会さんのご指導を仰ぎながら、経営革新計画の作成が始まりました。

 

これはコンサルタントの経営指導を受けながら事業計画を作成し、埼玉県から認証を受ける制度です。

 

私のような吹けば飛ぶような小売店は日々の仕事がイッパイイッパイです。

将来の事業計画を体系的、具体的に考えることは出来ません。

というよりも、

家族経営、1人親方のカメラマンなので、恥ずかしながら、経営と言う意識が低いのが実情です。

 

何となく、将来の店の事は考えているのですが

「行き当たりバッタリ」的な経営なのです(汗。

 

経営革新計画とは経営のプロにご助言を頂きながら、

3年後、5年後の事業計画を明文化していくという作業です。

その認証を埼玉県から受けることで

融資や補助制度を優遇して受けることも出来るのです。

 

初回面接で指導を頂くコンサルタントの方に

 

私:「秋は撮影と画像処理で忙しいんで経営とか考えるのはこの時期、厳しいっすね~」

 

指導員:「経営者が一番時間を割かなければいけないことは経営について考えることですよ。」

 

とバッサリ。

 

 

仰る通りです。

返す言葉がございません。

目が覚めました!

50歳を前にして革新してやろうじゃねえかよ。

 

さて、さて、この気持ち、いつまで続くか。

挫折か、革新か。

乞うご期待。

 

革新、革新という言葉が続くと何だか政治的な意図で動いているようですが、

性格的には保守的で引っ込み思案な私です。

 

2016年

9月

15日

犬の散歩

思い出したように父から古い写真を渡される。

 

これは、40年前の写真。

 

当時は柴犬を飼っていて散歩は見沼代用水沿いを里方面へ向かい、

諏訪山を通って、北谷橋を渡って帰ってきた。

 

諏訪山はマンションが出来て雑木林が無くなってしまったけれど、

あの場所は絶好の遊び場でしたね。

 

そう、

犬はフィラリアで数年で亡くなってしまった。

 

2016年

9月

01日

black

タイヤがピカピカだと車も綺麗に見えますよね。

私の車はボディーが黒なのでタイヤが汚れていると特に目立ち、車もボロボロに見えます。実際、10年乗っていて傷だらけなんですけれどね。

 

今までタイヤクリーナーは油性でスプレー式のものを使っていましたが油性はタイヤによくないという記事を見たので、水性のこれを使ってみました。

 

ピカピカになりました。塗り重ねるとさらに綺麗になります。

 

犬は着色したわけでもなく、もともと、黒です。
念のため。


2016年

8月

17日

トリミング~!

先日、カタログの撮影途中、なぜ完成形のギリギリのフレームで撮影しないのだと、質問を受けました。

しかも、英語で。

 

春からラジオ講座で英語勉強していたというのに、このチャンスに英語で返答出来ず心残りです。


色々な理由があり、それらが頭を巡ってしまい、上手く答えられませんでした。

 

大雑把なフレームで撮影した方が効率的だからです。

 Because efficient.

この一言で良かったのでしょうか、、、。

 

その効率的な理由として、以下

1、時間

大きさの違う沢山のモノを撮影するので、その都度フレームを変えるのではなく商品が変っても定位置、同じフレームで撮影する方が撮影時間の短縮になります。

2、見え方

定位置から撮影するので、同じように写ります。

ギリギリのフレームでは大きなモノを撮影する時にカメラアングル、ズーミングを変えないとフレームに収まらなくなってしまい、そうすると、見え方も変ってしまいます。

当たり前のことですが、とても大切なことです。

3、画質

大雑把にいって、画面の隅っこは歪むし、周辺光量が落ちるので使わないようにします。

余裕のあるフレームで撮影すれば、画面の真ん中を中心に絵作りできます。

4、トリミングへの対応

完成形のフレームで撮影すると、後から横長、正方形にトリミングする事が出来ません。

余裕をもったフレームで撮影すれば、どんな形にでもトリミング、編集できるのです。

これが一番大切です。

 

続きを読む